インドヨガ留学
ワールドヨガアライアンス資格取得コース

45日間のヨガ・レッスンでワールドヨガアライアンス協会認定の資格取得コース。

場所は、海沿いでインドの中でもゆっくりとした雰囲気で治安も安心の

インド共和国オディサ州の聖地プリー。

2018年の開催は、

3月5日、4月2日、5月1日、7月10日、8月6日開始予定です。

日本と価値観が異なるインドから、外界からの刺激を受け

ヨガでの自己と対峙する過程で、内面からの刺激も受け、

45日間で大きな変化が起こることもしばしば。

45日~ 本場インドでティーチャーズトレーニング合宿


インドヨガ留学の特色 Part1

安心のプリー&日本人スタッフ常駐

安心と安全のプリー

聖地であり海辺町でもあるプリーはインドの他の都市と比べて穏やかで治安も良いです。またホテルや食事などを提供するサンタナグループは60年以上日本人と共に歩んできました。ロッジには日本人が常駐、ホテルにも日本語対応スタッフ、そして通訳者も近隣に在住しています。

 

根本から学ぶ(日本語サポート付き)

伝統的ヨガ

最近ではヨガの科学的な分析も進み呼吸法や瞑想の効果も解析されつつあります。でも元々はインドの伝統が育んだもの。実践トレーニングだけでなく、座学において一つ一つのアーサナの学びとヨガの経典に則った哲学や歴史も学んでいきます。実生活に通じるヨガ哲学です。

 

アシュタンガヨガ・ハタヨガ

アシュタンガヨガ・ハタヨガ

ヨガに関して最も古い経典である「ヨーガ・スートラ」。そこに記載されたのがリラックスを重視するアシュタンガヨガ。そして同様に古典的ヨガであり力強いアーサナや呼吸法、浄化法を行うハタヨガ。双方を学びつつ、共通する部分や違いなどについても深めていきます。

 


インドヨガ留学の特色 Part2

ワークショップで学ぶヨガ

論理的・科学的なヨガワークショップ

伝統的・哲学的なヨガの理論を学ぶと共に国内外の研究を元にしたヨガのワークショップも行い、別の切り口からもヨガを学んでいきます。理論を学びフォーカスのポイントを一緒に考えていきます。テーマはアーサナ、呼吸法、瞑想、そして食事。

休日のアクティビティ

ヨガの合間のインド観光などアクティビティも充実

世界遺産の寺院やアジア最大の塩水湖などでの観光スポット。お洒落なカフェやBBQもできる大きなビーチ、買い物できるスーパーやデパートなど。学校見学や別のアシュラムでの瞑想体験、マザーテレサの家や家庭料理講座なども可能です。

プログラム前後の観光など

プログラム前後のインド観光など

前泊して町に慣れたり、ヨガ初心者の人は実践クラスにだけ参加したり。ヨガプログラム後にせっかくインドに来たのでタージ・マハルやガンジス川、リシュケシュに足を伸ばす方もおられます。その他、ゲストハウスでのスタッフ体験する方も!

宿泊、食事、資格証明書発行込みで¥218000~

宿泊先には日本人or日本語スタッフがいてこのお値段!

ヨガ全米アライアンス資格取得

事前のコーディネート、1泊2食(朝・晩)付、日本人or日本語対応可能スタッフでの45日間の宿泊、資格証明書の発行(ワールドヨガ アライアンス200)込み!

インドの楽しみ方カスタマイズし放題!

ホテル・サンタナのBAR

宿泊施設は綺麗で落ち着くホテル・サンタナと日本人旅行者の交差点であるサンタナ・ロッジを選択可能。ヨガの空き時間では英会話やヒンディ語のプライベートレッスン、タブラやインド舞踊などの文化学習、インド小学校やマザーテレサの施設でのボランティアなども可能。自分流のインドの楽しみ方をサポートします。

インドヨガ留学を動画でご案内

インドヨガ短期留学もスタートしました!

「インドでヨガを習いたいけど、仕事は辞められない。」など様々な事情で45日間のインドヨガ留学は難しい方も多いということで、インドヨガ短期留学も開始します。6泊7日のヨガ漬けの毎日であると共に、日本に帰ってからも続けられる形でのヨガをおお伝えします。

詳しくはインドヨガ短期留学ワールドアライアンス「Teach Yourself Yoga」資格取得コース

 

生活の場

プリーという町

プリーはインドの東側、ベンガル湾に面する海辺の町です。インド人にとってはヒンドゥ教4大聖地の1つジャガンナート寺院を参拝すること、そしてビーチでのんびりするために訪れる場所。インドの中では物価も安く穏やかな雰囲気で治安も良いです。最近ではデパートやショッピングモール、スーパーなどがオープンしました。

 

また、そういったのんびりした雰囲気の中で長期滞在する欧米人のためのオシャレなカフェやレストランなどもあります。より詳しくはこちらをご覧ください。

レストラン・カフェ・ショッピング

そんなに大きな町でないながら、全国展開しているデパートやショッピングモール、スーパーなどもありヨガの合間や休日には買い物も楽しめます。また宿泊施設付近のお店でも旅行者向けのお土産や雑貨、服なども扱っています。

 

また、食事は本格的な中華料理屋や高級ホテルのレストラン(と言っても日本のカフェくらいの金額)やローカル食など多数あり、ドリップしたコーヒーをエアコンの下提供してくれるカフェも複数あります。

宿泊施設

サンタナ・ロッジ

日本人スタッフのいるサンタナ・ロッジは50年前に作られた世界で二番目に古いと言われる海外の日本人向けゲストハウス。ロッジは旅人で賑わっており多くの出会いがあり日本食も選択でき日本語の本も多数。ホテルへは徒歩で片道5分強。

サンタナ・ホテル

2004年に家族連れなどのために作られた。屋上からはベンガル湾が見渡せる。管理人のトゥンナは弁護士資格もあり日本語が話せます。ホテルは静かな環境でヨガホールがホテル内にあるので移動はラクチン。より詳しくはこちらをご覧ください。


運営者のヨガ体験談

サンタナトラベル坂本のヨガ日記

サンタナトラベルのプロデューサーというポジション。主に日本の人がインドにいい感じにつながれるお手伝いが主な仕事。このヨガのプログラムのコーディネートもすることになり、ヨガを生活に取り入れる。ただ、母親がヨガの先生だったことで幼少期よりヨガをみてきた。このコースでは、より科学的で論理的にヨガを考えるワークショップも担当している。坂本ヨガブログはこちらから。

日本語サポーターゆきちゃんのインドヨガ留学体験談

2017年3月開講のインドヨガ留学に参加。ヨガを始める前、様々な持病があり薬が手放せない状況だった。ヨガで症状が大きく改善したことでヨガにより注力していく2017年の9月から12月中旬までの間上級者コースを学びながら、通訳のボランティアを担当。そんなゆきちゃんの体験談並びにヨガブログはこちらから。

参加者のインドヨガ留学体験談 part1

答えは自分の中に

2017年7月のインドヨガ留学が始まった時にプリーのサンタナ・ロッジにいたきょうすけ君。ヨガをする予定はなく、プリーの後は英会話をインドで習うことを考えていました。縁が重なって7月タームに途中参加と言う形で入ることに。そもそも、海外に出ることで自分のやりたいことを探そうとしていたきょうすけ君。その答えは自分の中にあったと言います。続きを読む

衝撃と苦悩のヨガ留学

2017年2月の東京府中市のヨガワークショップと5月末の渋谷でのワークショップに来てくれた石川さん。相談をしつつ2017年の6月のインドヨガ留学に参加してくれました。所謂「突っ込みどころ」満載のキャラクターで後輩達には特に慕われていました。そんな石川さんの衝撃と苦悩とは!?続きを読む

大事なこと、気づかせてくれてありがとう

特に大きな悩みがあるわけでもなく、深刻に困っていることがあるわけでもない。でも、ふとした瞬間にこのままでいいのかな、なんて思うことがある。そんな意味では多くの人と共通するモヤモヤする思いを持っていたさおりちゃん。2017年6月末からのインドヨガ留学に参加してくれました。さて、モヤモヤとの付き合い方はインドヨガ後どうなるのでしょうか。続きを読む

参加者のインドヨガ留学体験談 part2

私もインドでヨガ始めちゃいました

2016年にサンタナゲストハウスでスタッフをしてくれていたカクタス。2017年の4月のインドヨガ留学に参加してくれました。サンタナスタッフ時代にヨガを学ぶメンバーや仲間達を見ていて、自分もやってみようと思ったようです。インド滞在の回数も多く、総滞在日数も長いカクタスですが、今回のインド体験はまたちょっと違っていたようです。続きを読む

ヒネクレモノだけど、泣いちゃいました

日本において数年、瞑想や呼吸法を含むヨガを続けてこられたみのりさん。2017年の3月ンにゆきちゃんやありちゃんと同期メンバーとしてインドヨガ留学に参加してくれました。メンバー間ではみのりさんの変化は語り草でした。体験談にあるように肩ひじ張っていたようなみのりさんにいったい何があったのでしょうか。続きを読む

高校卒業してすぐインドヨガ

高校卒業後、進学や就職でなくインドヨガ留学を選んだありちゃん。海外どころか、修学旅行以外で北海道を出たこともありませんでした。大学生や社会人でも心配するインド。渡印前に電話で「インド恐くないですか?」と聞くと、「行ったこともなく、そこに住んでいる人がいるのに勝手に想像するのは失礼だと思っています。」なんて答えるスーパー18歳のありちゃん。何を考えインドに来て、そこでどのように感じたのでしょうか。続きを読む

参加者のインドヨガ留学体験談 part3

ゆる~くインドでヨガを楽しんじゃった

女優の片瀬〇奈さんに似ていて美しいゆかちゃんですが、口を開くと常に自分を3枚目にしてしまいます。そして他の人についてはネガティブなことは口にしない素敵な性格です。そんなゆかちゃんがインドに来たゆる~いきっかけとそこで学んだこととは!?・・・続きを読む

身体を鍛えようと思ってきたけれど

管理栄養士として忙しく仕事に勤しんでいたみよさん。とても愛情深く同期メンバーに対して常に優しい眼差しで見つめていました。職業柄、食事には気を付けていても運動はからきしだったというみよさん。身体を鍛えるためにインドにヨガをしにきたと言います。それが蓋を開けてみたら・・・続きを読む

ヨガでは泣かされインドも嫌い!

2016年12月開講「インドヨガ留学」コースの卒業生まくまりちゃんの体験記。今まで感情に任せ、感情の波のままジェットコースターのように生きてきたというまくまりちゃん。それで良いと思いつつ、でも実は別の思いもあったという。だからか実は授業後毎日のように泣いていました。。インドで、ヨガで、深く自分と対峙したそんな体験記です。続きを読む

参加者のインドヨガ留学体験談 part4

潔癖症でもダイジョウブ?!

2016年11月開講の「インドヨガ留学」コースに参加をしていた、なおみさん。ヨガも、プリー散策も、インドでの生活を元気に楽しんでいた彼女。なんでインドでヨガなんだろうと思いつつ、ヨガを通して自分の変化を見つめた日々と、世界ウル〇ン滞在記inインドのお話を聞いてみましょう。続きを読む

自由に生きてみよう!

体験談で紹介したミッキーヒッキーと同じ、2016年10月開講コース卒業生です。一歩後ろに引いてモノゴトを見ていた彼女りさぴよちゃん。ヨガと仲間を通して、時にメンバーとガチンコでぶつかり、時に内側に意識が向いた先に気付きを得たり・・・彼女の肩の力がストンと抜けた45日間のお話を聞いてみましょう。続きを読む

ヨガは一日にして成らず! 

モデル顔負けの容姿とスタイルなのに、飾らず気取らず自然体のミッキーさん。2016年10月開講コースの卒業生です。松岡〇造さんばりに熱い彼女、日本で学んだヨガとの違いに戸惑いながらも、仲間と自分自身、それに本質的なヨガについて向き合い、彼女らしくヨガを深めていってくれたようです。続きを読む

参加者のヨガ体験談 part5

もう絶対インドなんて来るか!と思ったけど

2016年10月開講コース卒業生5名の中、一番女子力が高めだったHikky、別名・・・ティン(thin:薄い)。ヨガコース終盤に差し掛かった頃、顔付きや言葉、雰囲気が変わったよね~とメンバー内で盛り上がった程、彼に大きな変化を促す出来事が怒涛のように起りました。彼の体験や感想を、を熱い言葉達からズドンと受け取って下さい!続きを読む

りょうじ君への太陽への道

旅の途中で急にヨガをすることになったりょうじ君。プリーでのヨガの日々は、“母ちゃんがフィットネスでしているヨガ”とは違う、斜め上の世界が広がっていました。その中で、旅の目的地とは別の、彼の大きな目的地を見つけたようです。続きを読む

ケイコちゃんのデトックスヨガ&インド

カナダでのワーキングホリデーを経て、インドへ降り立ったグローバルウーマン!コース受講期間で、少し自信がないような姿勢や目線が、一本の芯が通った背筋に凛々しい瞳へと変容していきました。その道は一筋縄ではありませんでした。続きを読む

参加者のヨガ体験談 part6

chacoちゃんのヨガで脱皮体験談

2016年の4月開講のコースに出てくれたchacoちゃん。ミス日本のような見た目とは裏腹に一筋縄にはいかない自分イメージを持っていました。そういった自分のイメージがヨガを通じてどうなっていったのでしょうか。続きを読む

人と比べる自分との対峙

2016年2月の後半スタートのヨガ留学に参加してくれたYuriaちゃん。いつも元気で、明るいYuriaちゃん。でも、実は自分なりに様々な課題を乗り越えるための、インドでありヨガの修行だったのです。続きを読む

ノリとタイミングでのインドヨガ留学

初インド、初ヨガで、英語も不安。。。そんな状況でヨガ前は何度もメールで色々と確認に確認を重ねてくれたゆうちゃん。でも来てみたらインドもヨガも、少年のように大満喫してくれたゆうちゃんのヨガ体験談!続きを読む

参加者のヨガ体験談 part7

インド生活から見たヨガ体験談

2014年10月から12月までプリーに滞在しヨガを習っていた加幸さん。いつもニコニコ穏やかですが、一旦やると決めた時の集中力は半端がない素敵な方。そんな加幸さんのインド生活という側面から見た、インドヨガ留学体験記です。続きを読む

ゲストハウススタッフしながらのヨガ体験

プリーのゲストハウス、サンタナ・ロッジのスタッフをしながら2015年の6月から7月にかけての授業に参加してくれたまいちゃん。二足のわらじで忙しくしながら、ヨガもゲストハウスも盛り上げてくれていたまいちゃんのヨガ体験談。続きを読む

ヨガインストラクターへの道

2015年の1月から3月までプリーでヨガのコースを受けていた、うえはーやさん。いつも笑顔で楽しむことに余念がないですが、既に日本でヨガ講師の道を歩み始めています。陽気ながら戦略的なうえはーやさんのインドヨガ留学体験記。続きを読む


ヨガ講師紹介

ラディカ先生(Om Yoga International理事長)

ヨガの先生01
名前
Sh. Radhika Sharan
年齢
32歳
出生地
ハリドワールのVedantアシュラム
教えられるヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ、クンダリーニヨガ、レイキヨガ
得意なヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
趣味
慈善活動
好きな食べ物
純ベジタリアンフード
私にとってヨガとは
ヨガは私の人生です。
ヨガの良さ
体が食べ物や色々な物を必要とするように、ヨガは私たちにとって必要不可欠です。ヨガは穏やかで幸せな生活の手助けをしくれます。
メッセージ
ヨガは豊かな生活へと続く道です。だから、私たちみんなそれぞれがヨガをしたほうが良いと思います。

ルチカ先生(主にセオリーを担当)

ヨガの先生02
名前
Ruchika Sharan
年齢
24歳
資格
B.Tech(E.C.E)、ウェブデザイン&ディベロパー、ソフトウェアエンジニア
ヨガを始めた時・場所
2011年3月、カルナータカ州マイソール(インド)のPranava Yoga Dhama
教えられるヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
得意なヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
趣味
ダンス、貧しい人たちに教えたり、手助けをすること。
好きな食べ物
純ベジタリアンフード
私にとってヨガとは
穏やかで幸福な人生を送るためにヨガはとても重要な生活の一部です。
ヨガの良さ
ヨガなしでの豊かな生活はありえないほど、生活の一部です。
メッセージ
精神的にも、肉体的にも適切な状態を保つためには、ヨガは生活の中でかかせません。もし、肉体的にか精神的に不調を感じるなら、その生活は意味がありません。そんな人生は終わってるも同然です。ヨガは人生においてとても重要なのです。
ルチカのブログはこちらから。

ヨガ講師紹介

プラカーシュ先生(主に夕方のアーサナを担当)

名前
Prakash Kumar Gochhi
年齢
25歳
ヨガを始めた時・場所
13歳の時に近所のヨガ道場で。
教えられるヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
得意なヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
趣味
絵を描くこと
好きな食べ物
純ベジタリアンフード、特にカリフラワー
私にとってヨガとは
生活の大きな一部であると共に、その一部が残りの生活を穏やかに包み込んでくれるものです。
ヨガの良さ
他の誰でもない自分自身と対話して生き、その豊かさと幸福を感じられることです。
メッセージ
Become one with self.(自分自身と一つになりましょう。)

シータ先生(主に朝のアーサナを担当)

名前
Sheeta Ram
年齢
19歳
ヨガを始めた時・場所
教えられるヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
得意なヨガ
アシュタンガヨガ、ハタヨガ
趣味
自然鑑賞、、森で過ごすこと、ヨガを教えること
好きな食べ物
ライス、ダール、
私にとってヨガとは
ヨガで私の人生は変わりました。
ヨガの良さ
ヨガは自分の心をコントロールして自己認識を高めるのに役立ちます。
メッセージ
自分の外の世界に依存した短期的な幸せを追及するのではなく、自分の中にある長期的な幸せを生きるためにヨガを始めましょう。

「ワールドアライアンス資格取得コース」募集要項

インドヨガ留学「ワールドアライアンス資格取得コース」
期間
45 日~
日程
2018年3月5日、4月2日、5月1日、7月10日、8月6日開始
料金
45 泊46 日~: ロッジ滞在:¥218000円、ホテル滞在:¥273000円
※ホテル滞在ではダブルベッドの個室をお一人でご利用頂きます。お二人で一部屋を利用される場合、お一人¥228000となります。
料金に含まれるもの
宿泊費、食事(朝・夕)、ヨガプログラム費、教材費、座学における日本語サポート費用、資格証明書の発行、前泊・延泊各一泊(ロッジにて)

料金に含まれないもの
渡航費(日本ーブバネシュワル)、ビザ取得料、海外旅行保険、滞在中の昼食、滞在中の観光費用・雑費、ブバネシュワル空港からの送迎費用(片道約4000円)

※国際航空券、国内航空券、送迎などはこちらでも手配承ります。お気軽にご相談ください。

申し込み・参加の流れ

step00ご質問・お問合せ
ヨガ・プログラムに関するご質問などはお問合せフォームからお願いします
step01参加規約の了承
参加規約を熟読し内容の了解の上、以下にお進みください
step02お申し込み
「インドヨガ留学 ワールドアライアンス資格取得コース」申込みフォームからお申込みください
step03確認メール
インドサンタナから自動配信メールが届きます
step04詳細メール
サンタナトラベルより詳細メールをお送りします
step05参加費支払方法
参加費は、お振込みをお願いします。振込先は別途連絡致します
step06集合場所
ホテル・サンタナ(飛行機や電車の便名、到着予定時間をメールにてご連絡ください)
step07インド到着
連絡先を必ずメモしてください。集合場所に着いたら、担当:フォクナ・坂本の携帯電話番号にご連絡ください。 また、当日利用する飛行機・バス・列車が遅れる場合にも、担当:フォクナ・坂本までご連絡ください

参加規約

参加条件

  1. 多少の暑い気候に耐えられる方
  2. 健康状態に支障がない方
  3. 異文化を理解する努力のできる方
  4. 自分の行動に責任を持ち、団体行動ができる方
  5. 満18 歳以上で誓約書にサインが可能な方 ※未成年者は保護者の同意書が必要となります
  6. 申込みに際して保護者・家族に説明し十分に理解・同意してもらっており、保護者・家族や第三者が当団体に対して抗議をしないことを約束できる方
  7. 海外旅行保険に必ずご加入できる方
  8. アンケート、感想文を必ずご提出いただける方 ※今後の活動の改善や、参加される方への重要な情報になります
  9. プログラム中の写真、感想文などを運営に活用することに了承できる方

注意事項

  1. 未成年者は参加に際して親権者様の同意書(もしくは同行)が必要となります
  2. 記載されているプログラム内容は諸事情により予告無く変更される場合がありますので、あらかじめ了承ください。 また上記事項との関係で料金の変更が起こる場合があります
  3. 急なキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合がございます。急なキャンセルは極力ご遠慮くださるようお願いいたします
  4. 貴重品の管理は参加者ご自身でお願いします。インド・サンタナグループは一切責任を負うことはできません
  5. インド・サンタナグループの当プログラムはインドにおける現地発着ツアーであり、日本の旅行業法に基づく旅行業約款は適用されません。プログラムは基本的に、現地集合、現地解散です。
  6. 海外旅行保険には、万が一の時のために必ず加入してきてください。万が一の事故や病気の場合の補償は、参加者がご加入された海外旅行保険の適用範囲に依ります。サンタナでは事故や病気の責任を負いかねます
  7. 予防接種の質問にはこちらでは答えかねます。厚生労働省検疫所のWebサイトを参考にしてください
  8. インドは日本とは異なり、電気・インターネット回線・電話回線等が雷や大雨などで一時音信不通になる場合があります

免責事項

  1. 以下の事由により被られた損害等について、インド・サンタナグループはその責任を負うことはできません
  2. 参加者の不注意による荷物の紛失や忘れ物
  3. 参加者の現地での病気や事故での怪我
  4. 参加者自身による集合場所、出発場所への遅延によるプログラムの不参加
  5. 天災、火災、運輸機関の事故、ストライキ、戦乱、暴動、ハイジャック、またはこれらの事由により生じた損害、行程の変更や中止
  6. 盗難、詐欺、隔離等の不慮の災難
  7. 現地の事情や天候、交通による予告の無いプログラム変更または中止

キャンセルについて

  1. 開催20 日前までのキャンセルは20%を事務手数料として頂戴し、残りの80%を返金致します
  2. 開催20 日前~開催10 日前のキャンセルは費用の50%を事務手数料として頂戴し、残りの50%を返金致します
  3. 開催10 日前~ 3 日前のキャンセルは費用の80%を事務手数料として頂戴し、残りの20%を返金致します
  4. 開催前々日、前日、当日、及び無断キャンセルはご返金できませんので ご了承ください